求人募集から正社員の数が減っているのを実感することによって、時給への考え方も変わっていくでしょう。

求人に関連することについての調査
求人に関連することについての調査

求人内容から正社員と時間給を考えると

いつも利用しているスーパーマーケットの入り口に、毎週、求人募集の無料雑誌が置かれます。週の終わりごろにはかなり減っているところを見ると、誰もが利用しやすい仕事探しの媒体であることがわかります。実際、私も何度かもらってきて手に取ってみたことがありますが、ここ最近は雑誌そのものが分厚くなってきたように思います。それだけ世の中が働いてくれる人を求めているということで、いいことだと思っています。ただ、一つ一つ見ていくと、雇用条件にはかなり差があり、特に一番気になるお給料の面で、けっこう違いがあるということがわかります。

時給で働くパートかアルバイトが求人広告の大半を占めていることについては、人を募集してはいるものの、正社員としての雇用は圧倒的に減ったことを示しており、日本の雇用形態は確実に変わったと感じます。正社員で長く勤めてきた経験から、同じ働くなら正社員でないとという思いをずっと持ってきましたが、これからは、働いた時間だけ給料をもらうという考え方に変えていかざるを得ないでしょう。それによって世の中全体が時給というものに対する考え方を変えていくでしょうし、それで年を取っても働けるのであれば、それはそれでいいことかなと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017求人に関連することについての調査.All rights reserved.