昔は求人を探す際は必ずと言って良い程、雑誌が主流でしたが、最近はネットの求人サイトが主流だという内容です

求人に関連することについての調査
求人に関連することについての調査

インターネットの求人案件の話

昔と言えど、たった5年から6年前程までは、アルバイト・パートをしたい時に、いつも見る物と言えば、求人雑誌でしたが、最近になって見ると、明らかに駅の構内に配置していた、求人雑誌の減少ぶりが伺えます、なぜそうなってしまっているのか?

それは、昨今のインターネットの普及率が大幅に上昇し、一家に1台はあるパソコンがある時代に移り変わった事が主な原因と感じます、また、5年、6年前だと携帯電話の普及率も上昇していましたが、最近では、スマートフォンというデバイスの普及率も非常に上昇傾向にあり、手軽にインターネットを楽しめる環境になった事も大きな要因の1つと考えます、そのインターネットを利用した求人案件が増加傾向にある事により、雑誌での求人案件が減少したと考えられますが、そのインターネットを含めた求人の案件数は過去最大クラスになっており、どこの企業も人員不足に頭を抱えている状況が目に浮かびます、そこで、ネットの求人案件を見てみると、あまりの求人の案件数に少し引いてしまいますが、やはりインターネットという事もあり、自分好みの職種で検索するとあっという間に条件が絞られて、自分好みの職種が出てくるところは紙面では成し得なかった仕組みではないでしょうか。

Copyright (C)2017求人に関連することについての調査.All rights reserved.