求人募集の媒体として、無料雑誌は賃金が安く、インターネットを利用した募集では給与が高い傾向にあります。

求人に関連することについての調査
求人に関連することについての調査

求人情報の媒体とその求人内容

企業が人を募集する際には、昔は、専門の求人斡旋業者を利用しておりました。業者の数も非常に少なく、転職者も少なかったからです。しかし、時代の変化から、景気が不景気になり、転職を希望する人、再就職を希望する人が増えると斡旋業者の数も増えてきました。そして、求人募集の媒体も昔はお金を出して求人雑誌を購入していたのですが、求人雑誌はなくなり、新聞、インターネットが求人の主流になってきたのです。

しかし、求人の広告媒体として無料の雑誌があります。駅、コンビニエンスストアにおいてあるのです。無料の求人情報誌ですと、その求人内容も派遣、工場作業、倉庫、ドライバーなどのどちらかというと体力を使う仕事が多いのです。他にも飲食、販売などの仕事になります。もちろん、オフィスワークもありますが、量、質ともに少ないのです。

インターネットで募集したり、求人サイトを利用した募集はオフィスワークを中心とした仕事なのです。給与はドライバーは多いのですが、時間単価が低いのです。その点、オフィスワークですと時間単価が高いのです。ここでも働く業種で給与に差が出ており、知的作業を行う求人とそうでないところで、賃金に差が出ているのです。

Copyright (C)2017求人に関連することについての調査.All rights reserved.